悪夢のルームメイト

あらすじ

 夜、イジーの魔法と寝言の所為で眠れなかったサニー、ジップ、ピップ。朝、ジップの整髪料を使い切ったり、スマホにバターをつけちゃったり、他人のパズルを解いたり、歯ブラシで耳掃除をしたりするイジーのマイペースに3人は困ってしまう。サニーは迷惑してることを伝えようか迷う。

STORY

 夜、ブライトハウスで寝ているポニーたちを黒い影が通り過ぎる。黒い影はピップのところで立ち止まり、ピップはその気配に目を覚まし悲鳴をあげる。取り乱すピップはサニーを起こす。起こされたサニーも黒い影に取り乱す。騒ぎに目を覚ましたジップも黒い影にやっぱり取り乱す。黒い影から離れたサニーが落ち着くように言い、照明を点けると黒い影の正体はシーツだった。サニーがイジーを見るとイジーは寝たまま魔法でシーツを動かしており、それがお化けのようだったのだ。3人は寝直しにベッドに入るが、今度はイジーの寝言がうるさかった。

 夜が明け、イジーは朝から元気だ。大声で歌い、踊りながら大量の整髪料で髪をセットする。置いてあったクロスワードパズルを解いて、ピーナッツバターをたっぷりつけたパンを食べる。最後に朝食の様子をスマホで撮る。サニー、ジップ、ピップが疲れてるところにハイテンションのイジーが挨拶をする。3人はイジーの所為で夜眠れなかったのだ。ピップのティアラをイジーがつけてることに気がつくと、ジップの整髪料を使い切ってること、パズルに出鱈目な答を記入してること、ピーナッツバターがついてベタベタなスマホにも気がつく。ジップ、ピップはこのままではイジーとの生活はできないとサニーに助けを求める。

 ジップ、ピップは眠れてないから苛立ってるだけと軽く考えていたサニーだが電動歯ブラシをイジーが耳掃除に使ってるのを見て本気で取り組む。

 イジーに事実や気持ちをそのままに伝えるのに気が引けるサニーはヒッチに相談しようと保安官事務所にジップ、ピップと向かう。一通り聞いた後、ヒッチは正直に言うことを勧める。その時、うるさくしてしまったのか、囚人から文句が出る。ヒッチが謝罪の意でお茶とクッキーを差し入れると囚人は感謝と労いの言葉を発する。このことから心のこもったプレゼントも効果的とアドバイスする。3人はその場で納得できる範例を見て笑顔になる。

 早速、イジーにプレゼントを贈る3人。イジーが箱を開けると、中から電動歯ブラシ、整髪料、クロスワードパズルが出てくる。イジーは喜びも驚きもせず、固まった様子。サニーがイジーのだよと言うとイジーは困惑気味に、ジップが正直に言うと勝手に使われると困ると話すとイジーは悲しそうな顔になる。3人が失敗かと不安になると、イジーは一転明るい表情で要らないとプレゼントを返す。イジーも正直に話し出す。イジーはみんなに溶け込むために、朝食を自撮りしたり、整髪料で髪をセットしたり、みんなの真似をして合わせていたのだった。サニーは最初から正直に話せば良かったと自省して、他人に合わせることを否定する。ジップがイジーはそのままで最高と言うと、4人は顔を見合わせ絆が深まり、キューティマークが光を放つ。

 他人に合わせる必要がなくなったイジーは安心したのか、ソファに横たわるとすぐいびきをかいて眠りに入る。昨日寝れなかった3人は呆気にとられる。

おわりに

 今回、無理のない意外性のあるオチ良かったんじゃないでしょうか?傍若無人でマイペースなイジーが実は気を遣っていたなんて!まだ、打ち解けていない間柄の時には自分を出すより相手に合わせるというのは有りがちでは。無い人もいるでしょうけど、世間では聞くと思います。実生活であることをオチにしておきながら最後まで予想させない。僕はプレゼントを返す時までイジーは空気を読まない子だと思ってた。

 サニーたちが正直に話すかどうかという点もまあ有ること。優しく言ったり、オブラートに包んでみたりと有ると思います。そこでヒッチが正直が良いと断言。気を遣うより基本は正直であること、本質を突いた発言。ヒッチ、頼もしいなぁ。『キューティマークに夢のせて』では暴走することが多かったので、余計に思った。そして、ジップが気持ちを正直に話したら、イジーも正直に思ってたことを話し解決する。正直さを寓意で表したドラマとしても良かった。

 食べ方が汚かったり、整髪料を使い切るとか他人の真似ということではないのでは?というツッコミも有りますが子供向けの誇張ということで。エンタメとしては意外性のあるオチ、ドラマとしてはメッセージ性があり良い話でした。でも、電動歯ブラシを耳掃除に使ったポニーはいないと思うよ。

マイリトルポニー関連の記事は→     こちら

『おはなし、聞かせて』オンリーは→   こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました