伝説のサンドイッチ

あらすじ

 隠れて“プリティ・プリティ・ペガサス”を観ているレイブン。そこへロビン、サイボーグ、ビーストボーイの三人が騒がしく入って来る。三人に出ていってほしいレイブンは、各地に散らばった食材を集めて完成する“伝説のサンドイッチ”の話をする。スターファイアーを加えた四人は食材を求めて旅立つ。

STORY

  マイリトルポニー⁉・・・ ではなく、こっそりノートパソコンでプリティ・プリティ・ペガサスを観ていたレイブン。マイリトルポニーとは米国で一般的な女児向け玩具、及びそれをもとにしたアニメです。そこへ汚らしくサンドイッチを食べながら、入ってくるロビンとサイボーグとビーストボーイ。そのサンドイッチはロビンの手作りで、とても美味しいと言う。プリティ・プリティ・ペガサスの続きが観たいレイブンは三人が外へ出るよう“伝説のサンドイッチ”の話をする。その食材は、各地に散らばっており、強力な門番もいるという。早速、スターファイアーを含めて四人は食材を取りに行く。

  サイボーグは溶岩湖のある火山島へ、ビーストボーイは地中奥深くへ、スターは宇宙へと向かいます。何故か、ロビンは近所のスーパーへ。レイブンに「クーポンあるよ。」と言われながら。四人が出かけてすぐ、大画面TVで見ようとするレイブン。しまいには、スターのペット、シルキーを交えて、人形遊び。

  一方、サイボーグは片腕を失いつつ、ビーストボーイは歯をボロボロにされつつ、スターは髪の毛を切られつつも、それぞれ、食材をゲット。

  ロビン以外ボロボロになりつつも食材を持ち帰ってくる。サイボーグの神秘のベーコン、ビーストボーイの王様のレタス、スターの星のトマト、ロビンがスーパーで買ってきたプレッツェルブレッドを合わせて、伝説のサンドイッチは完成する。誰が先に食べるか、もめてるうちに、シルキーに食べられてしまう。しかも、吐いて戻しちゃう。

  大した苦労もしてないロビンが「そんなに美味い訳ないって、言ったろ?」と自分の作った方が美味しいと暗に主張する。その後も何事もなかったかのように「プリティ・プリティ・ペガサス観よう。」と無邪気に言う。

おわりに

  最後、能天気なロビンと苦労した三人を対比させたら、きれいにオチがついたんじゃないかな?プリティ・プリティ・ペガサスをオチに持ってくるなら、レイブンがプリティ・プリティ・ペガサスを好きな事をロビンは既に知ってたという伏線とか、レイブンが恥ずかしがるという演出とか欲しい。ロビン、たまたま言ったみたいだし。初めて観た方はシルキーってなんの動物?と思ったかもしれませんが、キラーモスというヴィラン(悪役)に作られた蛾の幼虫です。キャラ紹介は別の機会にやろうと思っています。取り敢えず、スターファイアーは天真爛漫、明朗快活な性格、レイブンはクールで陰がある。男子三人は、この作品に限っては、おバカって事でいいと思います。私、特別アメコミ詳しい訳でもなく、アニメ“ティーン・タイタンズ”も観てないので、誤りの指摘などしてくれると有り難いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました