ミラキュラス レディバグ&シャノワール 作品紹介

 OP映像

OP映像

 OP映像です。本当は予告編を貼りたかったのですが、番宣色の強いものやデカデカとディズニー+と出てくるものしか無かったので、OPを貼ります。私はネットフリックスで観るつもりです。

 海外版プリキュアと思っていたのですが、コスチュームは怪盗物、スパイ物など、クラシカルなアンチヒーローを思わせますね。シャノワールはキャットウーマンでしょって声が聞こえてきそうですが、キャットウーマンも元々怪盗ですし。リールを使ったぶら下がりがスパイダーマンを思わせる。リールというとバットマンやブラック・ウィドウのようなスーパーパワーを持たないヒーローが使うイメージ。前述と被るけど、元はスパイ物や怪盗物。シャノワールは棒術で三代目ロビンやXメンのガンビットを連想させる。元はカンフーですが。こうして見てみると、プリキュアの必殺技みたいな謎パワーは出てこないのかな。

 あと、パリの街並みがいい。当たり前だけど、日本のアニメではなかなか出てこない。観光地のパリじゃなくて、生活空間としてのパリ。それが出てる。日本アニメファンの外国人が日本に来ると感激するというけど、同じようにパリが描かれてるのではないかと。

製作

 フランス人アニメーター、トーマス・アストリュックさんが『ミラキュラス』の原型“レディバグ”を考える。コミックにしようと思い、表紙風イラストを描く。それがアニメ会社“ZAGTOON”のジェレミー・ザグさんの目にとまり、アニメ化が進められる。海外市場拡大を考えていた東映アニメーションが加わる。2D作品から3D作品に路線変更した事により、韓国のCG会社“SAMGアニメーション”がくわわる。2015年に放送。

 2Dから3Dに替わった時に、東映の関与は少なくなっていったようです。東映が関わったものとは別の2Dミラキュラスの動画を見つけたので貼ります。

 タッチが違って、主役の娘、分からなかったよ。日本語版がなかったけど、これは日本展開はしてないのかな。投稿者は公式みたいだったし、ファンメイドじゃないよね。

 では、これから、視聴楽しんでいきたいと思います。

その他『ミラキュラス』関連の記事は→        こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました