バードパレード

あらすじ

 夜にパレードがある日、何日も家に籠りっきりのヒルダを、ママは外に連れ出す。街に慣れようとしないヒルダを心配していたのだった。人間の友達もつくってほしいママは、街の子たちと遊ぶよう勧める。街の子たちと過ごしてると、ヒルダは不思議なカラスに会う。

STORY

 ヒルダはトゥイッグ、アルファーとキャンプ中。その時、足音と共にテント越しに大きな影が!危険を感じたヒルダは木の枝を持って影に立ち向かう。影はママで、ヒルダたちは家の中にテントを張っていたのだった。ママは何日も家に籠りっきりのヒルダを街を見に誘う。外は寒いし、退屈と渋るヒルダを押し切って二人は外に出る。

 いやいや外に出たヒルダにママは今夜のパレードの事を教える。パレードに多少心が動いたものの、(谷の)面白い生き物には敵わないとつれない返事。ここにも面白い生き物がいると街の子供たちを指すママ。ママに促され子供たちに入れてもらうヒルダ。

 仲間に入れてもらったものの街の子たちが悪ガキでノれないヒルダ。そんな中、街の子たちが小鳥に向かって石を投げ始める。ヒルダが止めるのも構わず、どんどん投げる。トレバーの投げた石がカラス(?)に命中、カラスは力なく落ちてくる。「大丈夫?」とヒルダがかけよると、「大丈夫。」と答えるカラス。怒ったヒルダはしゃべるカラスを連れて一人で家に帰る。

 こっそり、自分の部屋にカラスを持ち帰るヒルダ。ケガはないようだが、記憶喪失になり、覚えてるのは、頭がつるつるで髭もじゃのケープを羽織った像の事だけ。すぐにでも力になりたいヒルダだったが、ママにパレードに誘われてしまい、明日には必ずと約束し、外に出る。ところが、忘れ物をとりに戻ったママに見つかり、カラスは、アルファーと共にベランダに追い出される。

 飛び方も忘れてしまったカラスはアルファーと歩いて像を探すことにする。一方、ヒルダは、あのカラスがパレードで祭られている大烏様であることが分かって、帰ろうとする。止めに来たママからカラスを追い出したと聞いて二人は急いで戻る。追い出したベランダにはもう居ない。ヒルダが手掛かりを話し終えるのを待たずに、ママが像の事を言い当てた。ママも知っている有名な像に向かう。

 その頃、先にカラスたちは像の前に着いていた。そこでカラスのおしゃべりを聞いていた唯一の街の子、トレバーと鉢合わせる。トレバーはカラスのしゃべりを仲間に証明したくて、カラスを捕まえる。しゃべりを仲間に聞かせようとするが、カラスはしゃべらないし、アルファーにいたずらされて、恥をかかされてしまう。トレバーは怒って仲間から離れていく。

 ヒルダも像に着くがカラスと入れ違い。大烏様が来ないと皆が騒ぎ始める中、ヒルダとママは高台の建物に登る。展望台の双眼鏡でトレバーを見つける。ママに覗いてもらうと、場所が特定される。急いで、トレバーのいる所へ向かう。その時トレバーは橋の上でカラスに怒っていた。アルファーが急に話しかけた拍子に鳥籠ごとカラスを川に落としてしまう。追いついたヒルダが「あなたは大烏様よ!」と叫び、そして助けようと川に飛び込む!!

 全てを思い出したカラスは大烏様となり、ヒルダを乗せ、水面から光とともに現れる。

 大烏様はパレードのことや人間たちに祭られている由来を話し始める。パレードには、なるべく顔を出すようにしてることを話す。自分の正体はサンダーバードだと言うと雷を発生させる。雷に気がつき、大烏様が来たことにパレードの人たちは歓声をあげて喜ぶ。ママを見つけたヒルダを降ろした大烏様はお礼を言い去っていった。

 ママに誘われて、眺めの良い秘密の場所へ行く。ヒルダと同じぐらい年齢の頃、ママもこのパレード観たことがあるのだと言う。この街を好きになれそうな希望を抱きつつ、ママと寄り添う。パレードの花火が打ちあがる。

おわりに

 ヒルダが街を好きになっていく様子が見て取れました。像に向かっている最中、家のドアや煙突、街灯、車に違いがあることに気づいたり、歩道の花を見つけたり、高台に登った時に街の景色に圧倒されたり、最後にパレードを眺めの良い所で観たり。

 ママはカラスを追い出したことを謝っていたけど、ヒルダが街に慣れようとしないこと、人間の友達をつくらないこと、それらを心配しすぎたことも一緒に謝ったんじゃないかな。ヒルダもその気持ちを分かって手をつなぎ、寄り添う。二人はより深く分かり合えたと思います。

 破天荒なヒルダに対して、ママは大人の常識人という立ち位置だけど、やっぱり、ヒルダのお母さんと見受けられる場面もありました。似た者同士だから分かり合えた?(笑)

 フリーダとデイビッドはスパロウスカウト(ボーイスカウトみたいなもん?)で登場。トゥイッグは殆ど出番無し。アルファーはママに認めてもらう。次回は誰が活躍するか?お楽しみ。

その他『ヒルダの冒険』関連の記事は→       こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました