バブラー

あらすじ

 今日はアドリアンの誕生日。プレゼントを用意したマリネットは上機嫌で家を出る。アドリアンは誕生日パーティをパパに却下された事を執事のナタリーから聞かされる。学校で、その話を聞いて憤る親友ニノ。その陰ではマリネットがプレゼントを渡す事を躊躇っていた。

STORY

 アドリアンの誕生日の朝、マリネットはベッドから浮かれて飛び起きる。用意していたプレゼントを持って学校へ行く。一方、アドリアンは誕生日パーティにパパが反対してる事をナタリーから聞かされる。やっぱりといった感じで諦めのアドリアンに対し、親友ニノは憤る。その陰でプレゼントを躊躇っていたマリネットをアルヤは無理やりアドリアンの前に押し出す。だが、プレゼントを渡したいのはマリネットだけではなかった。クロエが強引に会話に入ってくる。クロエはお祝いの言葉をかけると、プレゼントは夕方には届くと言い残し、去っていく。まだ、プレゼントを渡せないマリネット。そこへお迎えの車が来てアドリアンは行ってしまう。ニノはアドリアンのパパに掛け合う事を決める。

 マリネットとアルヤはプレゼントを渡すため、アドリアンの家の前に来ていた。呼び鈴を鳴らすと、郵便受けに入れるようにと、素っ気ない対応。渡したは良いが、贈り主を分かってもらえない事に気づく2人。マリネットからのプレゼントをチェックする執事のナタリー。そこに雇い主のアドリアンのパパから連絡が入る。パパからのプレゼントを手配してなかった事に気づくナタリー。そしてまた訪問者が。パパと掛け合うためにニノが来たのだ。その最中、アドリアンは帰ってくる。受け入れてもらえないばかりか、息子に有害だと言われてしまうニノ。アドリアンに謝れられながら、ニノは怒りつつ家を出ていく。

 ホークモスに大人への負の感情を狙われ、バブラーになってしまったニノ。次々に大人をシャボン玉に閉じ込めて空に飛ばす。大人が居なくなった事を楽しめと子供たちを煽るバブラー。それを見て変身するマリネット。一方、アドリアンが出かけようとすると、バブラーが友達を集めて誕生日パーティをしようとしていた。アドリアンはニノを助けようと変身しようとするが、プラッグにそそのかされてパーティに参加してしまう。バブラーの居るパーティ会場に着いたレディバグだったが、アドリアンとクロエのチークダンスに焦ってラッキーチャームを使ってしまい、変身が解ける。

 変身が解けたマリネットはパワーを得るため、パーティに潜り込むが、アルヤに見つかってしまう。バブラーを気にしつつ、アルヤに自分のプレゼントのところまで案内してもらう。メッセージを添えて贈り主が分かるようになり、一安心。その頃、ダンスに参加しない友達がシャボン玉に閉じ込められ、空に飛ばされる。それを見たマリネットは急いで変身する。友達がバブラーに無理やりパーティに参加させられていた事に気づいたアドリアンも変身する。

 戦いが終わり、アドリアンパパからナタリーに自分からのプレゼントの事で連絡が入る。渡したと答えたが、品物の用意すらしてない。マリネットのプレゼントをお父様からと言ってアドリアンに渡すナタリー。

 次の日、マリネットのプレゼントのストールを巻いて登校するアドリアン。喜ぶマリネット。しかし、アドリアンはパパからのプレゼントだと言って嬉しそうな顔をする。アルヤは自分のプレゼントだと明かす事を求めるが、マリネットはアドリアンが嬉しいのならそれで良いという。アルヤはそれを認め、マリネットを愛しむ。ニノもパパに反対されてもアドリアンの親友である事を誓う。マリネットとアルヤ、アドリアンとニノの4人は友情を実感し、学校へ向かっていく。

おわりに

 アドリアンは良い子を演じてるのかなぁなんて思いながら見てしまった。一見、リア充に見えるけど、パパを含めた世間から求められた役割(モデルの仕事もして、ニノが言ってたようにフェンシングも中国語も優秀)をこなしているみたいな。だから、変身した時に開放されて、ちょっと軽い人間になる。人は多面的だからどっちが本性なんて決められないけど、パパが変わるだけでもアドリアンは良い方向へ行くんじゃないかな。今回の話ではパパが因果応報を受けるとか、変わっていくとかなかったけど、これからあるのかな。

 ニノってオタクっぽいとか垢抜けないとか思ったの僕だけかな。眼鏡もおしゃれじゃないし、服装も子供っぽい。バブラーになる敵役だからって訳でもなさそうで、今後もアドリアンの親友で出てきそう。絵の世界だからキャラクターのルックスにも意味があると思ってしまう。そんな彼が「クールじゃない!」って言った時に違和感。

 クロエは子供向けに単純化された典型的なイヤなヤツだけど、サブリナはどういう理由で取り巻きやってんのかな?これから、明かされるんかな。最後にナタリーさん。

  それ、ダメでしょーーー!ナタリーさん!!

その他『ミラキュラス』関連の記事は→        こちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました