スカウトの活動

あらすじ

 ヒルダはスパロウスカウトの一員となる。歓迎の後、最初の活動に入る。トロールバーグシティパークの一角を清掃して、きれいにする美化活動だ。ヒルダはフリーダ、デイビッドとチームを組み、落ち葉の清掃、雑草の駆除、花壇の造成と一日目は計画通りうまくいっていたが、次の日来てみると……

STORY

 スパロウスカウトに参加する日の朝、ヒルダは何やら探していた。ママが尋ねると着ていきたいセーターがあるのだと言う。仕方なく今着てるセーターを着ていくと言う。だが、それはママが編んだセーターだった。

 スパロウスカウトへの入隊(って言い方で良いのか?)、歓迎の後、最初の活動が説明される。トロールバーグパークの清掃、美化活動だ。チームリーダーを募った時にフリーダが挙手。フリーダがヒルダとデイビッドを選び、3人でチームを組む。具体的には、担当の場所で清掃、花壇を造る。フリーダが計画をたてて、明日から始めることにする。

 次の日、フリーダとデイビッドがヒルダを呼びに家に来た。シカギツネ(トゥイッグ)に初めて会って感激するフリーダとおっかなびっくりのデイビッド。ママからサンドイッチを受け取ると三人とトゥイッグはパークに向かう。

 落ち葉の清掃、雑草の駆除、花壇のための杭打ちとフリーダの計画通り首尾よく進む。リサイクルセンターに運ぶため、手押し車に雑草を載せる。もうすぐ、リサイクルセンターが閉まるので、パークを後にする。その時、ヒルダの打った杭から何者かが現れていた。

 リサイクルセンターに雑草を持っていくと、どんな物でもバラバラにする粉砕機ビッグチッパーの説明がされる。雑草は明日の夜に処理するよと言われ、今日の活動が全て終わる。達成感と明日への意欲を持ちながら三人は別れ、家に帰る。そして、雑草の中にも何かいた。

 明くる日、昨日の場所に来てみるとメチャクチャに荒らされていた。トゥイッグがにおいに気がつき、唸り始める。茂みに何か居る!突然、槍のような物を持った謎の人型生物が向かってきた。フリーダとデイビッドの足を槍で叩くと、今度はヒルダにも襲いかかる。トゥイッグが立ちはだかり、人型生物を追い詰め槍を取り上げる。ヒルダが、そこまでと、トゥイッグを制止する。

 人型生物は仲間を引っこ抜いたのは誰だ?と問う。デイビッドは人型生物が昨日の雑草と同じにおいであることに気づく。彼らはビットラといい、普段は地下に住んでるが、年に一度日光を浴びるため地表近くで冬眠するのだという。仲間を引っこ抜いたことで酷い言われ方をされてしまう。フリーダは自分たちが善良だという証としてスパロウスカウトの成果のバッジを見せる。話していたビットラはバッジを奪うと大きな穴へと逃げていった。フリーダも追いかけて穴を降りて行く。ヒルダも帰り用のロープをデイビッドに託し、穴を降りて行った。

 ヒルダが底に着地すると、洞窟のような大きな空間が広がっていた。ビットラたちの居住空間らしい。ヒルダはフリーダを探し始めるが迷わないようにパンくずを落としていく。ふと、振り返るとさっきのビットラがパンくずを食べているではないか。ヒルダがフリーダの事を問うと逃げていく。ヒルダは追っかける。迷宮の追っかけっこに疲れたビットラは取引を申し出る。フリーダと仲間のビットラの交換だ。フリーダも見つかり地上に戻る。急いで仲間ビットラを救いにリサイクルセンターへ向かう。

 リサイクルセンターに着くと、粉砕機へ向かうベルトコンベアに載せられたビットラが。次々と仲間ビットラを救いだす。ヒルダも傾斜のついたコンベアを登って助ける。最後の一人が粉砕直前に。ヒルダが急いで駆け上がる。粉砕に間に合ったものの足を滑らせ、10メートル程の高さから落ちそうに!間一髪、手一本でコンベアの端を掴み落下を回避。しかし、落ちるのも時間の問題。フリーダが素早く手押し車を落下地点に設置する。ヒルダが手を離す。ヒルダは手押し車に落ち、怪我一つなく着地に成功。

 仲間ビットラを埋めなおし、バッジも返してもらったが、スカウトの活動は遂行できず、点数ももらえなかった。でも、スカウトの活動とは、違う経験、違う善い活動ができたんじゃないかと三人はそれぞれ就寝前の夜を過ごす。

 デイビッドが就寝すると…

おわりに

 フリーダとデイビッドが本格的な登場となりました。フリーダは計画をたてたり、それが上手くいくように指示を出したりするリーダー気質の女の子。独善的で点取り虫(バッジ取りか?)なところもあるけど、それは純粋に良いことをしたいと思うから。ピットラの迷惑になってたことを知ったら、ショック受けてたし。

 デイビッドは気弱でフリーダにちょっと依存しすぎな男の子。でも、スカウト活動は滞りなくやってるし、やることはきちんとやるタイプだからフリーダもチームに指名したのでしょう。怖がりすぎかな?とは思う。

 ビットラが出てきた時、街にも面白い生き物いるじゃんと思ってしまった。パークは大きな自然公園のようだし、地下だから人間の影響は少ないということかな。ヒルダがコンベアから落ちた時、クッションになっていたけど、弾力性のある体のようだ。あのビットラ、杭を打たれたこと怒ってたけど、打たれなかったら気づかず仲間はバラバラだから、結果的には打たれて良かったんじゃないか。ヒルダには謝罪を受けるじゃなくて、感謝だな。実はすごく痛かったかも知れんけど。

 ビットラは人語を解していたし知的生物みたいだけど、あの牛のような生き物はなんだろ?地下の動物とは思えない形だし、ビットラが家畜化したのかな?

 ボーイスカウトというものに馴染みがない人間なのですが、現実もこんな感じなんでしょうか。最初のヒルダの入隊の宣誓、あれ長文だったよね、よくそらで言えたなぁ。活動の成果を数値(点数)化してバッジがもらえるってシステムなんだ。アルファー出てこなかったけど、レポートしなくて良いの?レポートが仕事のエルフよりも関心を持ってしまった。

その他『ヒルダの冒険』関連の記事は→      こちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました