アリコーン!?

あらすじ

 サニーは食生活の見直し、アースポニーの魔法を利用した食生活の改善方法など広場で啓発活動を行っていた。関心を持ってくれる人は居なかったがサニーがアリコーンになった途端みんなが話を聞いてくれるようになる。アリコーンとしてのサニーはどんどん人気者になっていくのだが…

STORY

 サニーはポニーの食生活の改善(ジャンクフードの摂取過多の是正、野菜や果物の摂取推進)、アースポニーの魔法に拠る具体的な方法を広場で訴える。集まったポニーたちは関心持たず散らばり去っていく。サニーが落胆しているとメイン5の仲間とスパーキーがやってくる。落ち込んでたサニーだが仲間たちにこの活動の意義を力説する。すると、サニーのキューティマークが輝きだしアリコーンになる。去っていったポニーが集まりだし、話を聞くと言う。

 いつものお店を開いてるサニー、さっきのことを嬉しそうにジップ、ピップに話す。また集まってきた理由が分かってないサニーにジップは鏡を見ることを勧める。鏡を見て自身がアリコーンになっていたことに気づくサニー。自身への注目に気づいたサニーにこれは人気者になれる良いことなのよと、誰も思ってないサニーへの嫉妬の否定を交えて、ピップは話す。怖くなったサニーは鏡を見ながら、今はアリコーンにならなくて良いと声にすると角と翼が消え安心する。スパイカメラでもある鏡からその様子を見ていたオパリーンはサニーがアリコーンになれるということを知り、サニーを仲間にすることを考える。そして、ミスティを街に送り込む。

 サニーのお店の近くのカフェテラス風の席で寛いでいるとピップは悩みを打ち明ける。バズらない、フィリー4に負けている、ブロックを心配などSNSが上手くいってなかった。深刻な状況の中、ヒッチが急に笑い出す。場違いな笑いに問いただすとスパーキーの動画を観ていたのだった。スパーキーの動画はバズると聞いたピップはスパーキーを借りることを思いつく。

 サニーのお店ではアリコーン特製のスムージーを作ってほしいなど注文が入る。自分の意志ではアリコーンになれないと知らされるとガッカリするお客さんにサニーはおすすめスムージーをアピールする。お客さんは帰ろうとするが、サニーは構わず熱弁するとまたアリコーン化する。しばらくすると、サニーを人気インフルエンサー、フィリー4が訪ねてくる。フィリー4のシュガー・ムーンライトは同級生のサニーの人気に便乗するために来たようなのだ。フィリー4にはサニーにアリコーンの価値を認識させようと、ミスティが紛れ込んでいた。ふたつの思惑のなか、サニーはスマホでSNSに馴染みのあるピップに相談するとフィリー4を味方につけるのよとアドバイスされる。その時、サニーの角と翼が消えかかる。焦るサニーを呼ぶ声がする。鏡の中の自分だった。鏡の中のサニーは自分は心の声、導き手と自己紹介すると、アリコーンは特別、上位存在だと言う。今はアリコーンでいたいサニーはアリコーンでいる方法を求める。力の源を見つけそれを利用すればアリコーンであり続け大きな夢も叶えられると言ってくる。サニーが農園を造る夢を話すと自然とアリコーンになっていた。鏡の中のサニーをすっかり信用してお礼を言い、鏡のふたを閉じる。鏡の中のサニーに化けていたオパリーンはサニーにアリコーンの価値を分からせる計画が上手く進んでほくそ笑んでいた。.

 その頃、ピップはスパーキーの人気の秘密を探って、真似してみたりしていたが上手くいかない。たまたま、フィリー4の画像を見てしまい、スマホごと投げつける。

 その頃、サニーは鏡の自分に勇気づけられ、計画の発表を提案、フィリー4にも参加を求める。フィリー4はアリコーンの人気を当て込んで、表向きは協力的に立ち回る。

 ブライトハウスにてジップとイジーがなにやら作業中、ご機嫌でヒッチが現れる。ジップが理由を訊くとスパーキーをピップに預けて自分の時間が出来ていたからだった。ジップはピップの行動に驚いていたが、ヒッチはご機嫌のままリラックスしていた。一方、ピップはスパーキーの人気の秘密が分からずスパーキーに振り回されていた。

 サニーはその頃、広場のステージで発表の待機をしていた。子供たち、ミスティには異常ほど、丁重に扱われ、フィリー4にはアリコーンの質問をされる。サニーは仕事があると言って広場から離れる。その時でもギャラリーから声援を受ける。人通りの少ない路地でサニーはひとりうなだれる。もてはやされているのはアリコーンであって自分ではないことに気づいてしまったサニーは鏡の自分に助けを求める。鏡のサニーはアリコーンであり続けることを勧め、アースポニーの時のことを貶める。割り切れない気持ちだが否定もできず、そうねと言い鏡を閉じる。角と翼が消える。求めていたのはアリコーンで有ろうが無かろうが受け入れてもらえるということだった。そのことを心の中で世界に呼びかける。

 アリコーンでなくても受け入れてもらえると改めて思いステージに向かう。たくさんの聴衆を前にアースポニーのサニーが登壇するとブーイング。サニーがフィリー4に問いかけるとアリコーンだからたくさんの人が集まった、アースポニーのサニーには価値がないと露骨に言われてしまう。サニーは抑えきれず走り去ってしまう。

 サニーがブライトハウスに帰り無言で階段を駆け上がる途中、イジーが見せたいものがあると話しかける。返事をすると、たまらず感情、涙があふれてしまう。ひとりにしてほしいと言うサニー。イジーがなにがあったかと訊くとサニーは、みんなはアリコーンに興味があり、アリコーンでなくてもサニー自身の話として聞いてほしいと言う。イジーはアリコーンになってもサニーはサニーだし、アースポニーであってもサニーの良さは変わらないと話す。元気を取り戻したサニーは見せたいものを見に行く。

 ピップはスパーキーの人気の秘密が分からず、SNSはやめようと思っていた。スパーキーがでたらめに編集し、ピップの動画を作ってしまう。ピップは恥ずかしいと思いつつも動画に大笑いする。元気を取り戻したピップは行くつもりだったどこかへスパーキーを連れていく。

 サニーがアリコーンの価値を分からなかったこと、仲間にする計画が失敗したことにオパリーンは怒っていた。価値が分からないなら、その力を奪ってやろうとオパリーンは考える。だが、力の源、ユニティ・クリスタルのあるブライトハウスの中のことは分からないのだ。丁度いいものがあるとオパリーンはなにか取り出す。

 サニーに目をつむってもらい、見せたいもののところまで誘導するイジー。到着して目を開けるサニー。その目の前には農園が広がっていた。サニーが希望していた農園をサニーに分からないようにみんなで作っていたのだった。お礼を言いつつ、サニーはアリコーン化する。人の役に立つこと、自分を肯定できることがアリコーン化が起こる意味なんじゃないかなとサニーは言う。ジップがスマホを見るとスパーキー編集のコミカルなピップの動画が見つかり、これ本当に投稿したの?とピップに訊く。ピップは完璧でなくても自分らしい自分が良いと答える。サニーも賛同し、自分もどんなポニーであってもありのままで夢を持ち続けることを決意する。

おわりに

 フィリー4には本来のヴィラン、スプラウト(『新しい世界』の時)、オパリーンより腹が立ったね。SNSのためにサニーを泣かすとは許せん!ピップや実写版『トムとジェリー』の主人公のようにSNSに大きなウェイトを置いているキャラクターが出てくることが多くなったように思う。ハリウッド映画だと脇役ならかなり出ているような気がする。アメリカには本当にこんな人が結構いるってことなのかな。

 有名になった途端すり寄ってくるシュガー・ムーンライトみたいな人は昔からいるとは思うけど、やっぱり酷い。ただ、サニーの計画はどうでも良い、アースポニーのサニーはつまらないって露骨に言ったの他のふたりなんだよね。シュガーは聴衆が多いのはサニーがアリコーンだからと事実を言っただけ。質問攻めの時もふたりが光るとどんな感じ?、霊的存在(多分、カリスマという言葉が適語だと思う。)になった気分は?に対してアリコーン化と関係ない髪のつやについて質問してる。だからと言ってサニーの計画に興味があったわけじゃなく、発表の時もスマホいじってたし。

 最後に、ピップさん。片づけは?

マイリトルポニー関連記事は→    こちら

3DCG版オンリーの関連記事は→   こちら

 多分、この記事が今年最後の投稿になると思います。今年閲覧に来てくださった皆様ありがとうございます。次回の記事は今も作成中で楽しみにして頂ければ幸いです。なるべく早い時期に投稿できるよう頑張ります。来年に夢のせて、良いお年を。

商品紹介

https://amzn.to/3YUBDGD

 一度、紹介したけどもう一回。新宿の紀伊国屋書店の輸入カレンダーコーナーに置いてあったんだけど、最近行ったらなくなってた。欲しいものはすぐ買わないとダメだね。下の商品はこんなコラボあったのかと。来年、実写映画(主演クリス・パイン、最近の映画版『スタートレック』シリーズ、『ワンダーウーマン』シリーズなどに出演)があるとはいえ、ダンジョンズ&ドラゴンズ(以下“D&D”)と組むとは。今思ったがD&Dもハズブロ(マイリトルポニーの玩具会社)がもともと手掛けていたのか?(D&Dとはボードゲームのようなもので、そのシステムをコンピューターゲーム化したものが『ドラゴンクエスト』、『ファイナルファンタジー』に代表されるロールプレイングゲーム。もともとはD&Dなどの方がロールプレイングゲームといわれていたがコンピューター・ロールプレイングゲームの方がポピュラーになるにつれ、こちらをテーブルトーク・ロールプレイングゲームと呼び区別することが多い。)

https://amzn.to/3I7ayKf

コメント

タイトルとURLをコピーしました